まろんの自由生活。

 

またディズニーリゾートへ行きたい!

ディズニーリゾートデビューが18歳とやや遅いデビューでしたが、もうすっかりはまって早15年。
年に1回は必ず行っています。
子供が産まれるまでは、いかに効率良くパーク内を回るかにこだわってました。
毎回仕事が休みになる連休で行っていましたが、
どんな混雑時でもパークの開園から閉演までいて12種類以上の乗り物に乗ります。
ファストパスをうまく使い、携帯で混雑状況を調べながら空いてる乗り物に乗って、
食事の時間も人とはずらしたり工夫しています。
もちろんパレードも見ますが、大体はアトラクションの順番待ちをしながら見ています。
でも、子供が産まれて家族三人でいくようになってからは楽しみ方が変わりました。
乗り物は年齢や身長制限があるので、乗れるものは乗って、あとはキャラクターとのグリーディングに力を入れています。
キャラクターに会うならディズニーランドよりディズニーソーの方がお勧めです。
4歳の娘はミッキーやダッフィに会うと目を輝かせています。
また、食事も毎回楽しみですね。

決して安くはないけれど、何を食べても美味しいし、ディズニーならではのこだわりがあったりするので、
見た目も可愛いし値段の価値があるなと思います。
まだ行ったことはないのですが、ディズニーシーのセイリングデイ・ブッフェでバイキングしたいです。

また早くディズニーリゾートへ行きたいなとウズウズしている今日この頃です。


我が家に体組成計が届き、毎日利用しています

先日、我が家に体組成計が届きました。
この体組成計を注文したのは主人です。購入理由として、「家族の健康管理をしたい」ということを挙げていました。
しかし実際は、「妻である私にシェイプアップを促したい」というのが本音らしいのです。
私も中年になり、体型が日々緩んでいくのを感じています。そこで、早速体組成計を使ってみることにしました。
初めに、自分の身長・生年月日・性別・居住している県などを入力します。
これで個人データの登録が完了し、後は体組成計に乗るだけです。
すると、体重・内臓脂肪レベル・BMI指数・筋肉量・骨量・基礎代謝量・体脂肪率などが順番に表示されます。
私が気にしていたのは、内臓脂肪の値でした。これまで一度も計ったことがなく、どんな状態なのか見当もつきません。
もしかしたら、相当の脂肪が溜まっているのではないかと思ったのです。
ところが、意外にもレベルは低く、標準の範囲内に収まっていました。
また、BMI指数や体脂肪率も標準レベルであり、とても安心しました。

ともあれ、たった一度乗るだけでこんなに詳細なデータが出ることに驚きました。
体重を健康的に落とすには、筋肉量を上げて基礎代謝をアップするのが大切だといわれます。
今後はダンベル体操などを取り入れつつ、体組成計を上手に活用していきたいです。


バイトの日払いをする理由

なぜこちらのサイトのような、バイトの日払いはここまでの需要を持っているのでしょうか。

 

多くの会社員は決まった額の給料を持っているでしょうし、フリーターや自営業者でもその点は大きな違いがあるわけではありません。
安定感があるかないかは別にして、生計を立てるための仕事をしているはずなのです。

 

そこで一般的にバイト日払いが必要になる理由としてどのようなものが挙げられているのかを見てみましょう。
すると、日払いを求める場合の多くが生計とは直接関係のない支払い目的であることが明らかになります。

 

もちろん生計に不足が生じたために日払いというのも理由としては結構あるようなのです。

 

表にあがってくるものとしては、急な出費が必要になってそれにタイプしないといけない場合、プレゼントのために給与では足りない分を補うためなど理由もいろいろあったりするところは意外かもしれません。

 

一方で、生計を立てるための日払いとしては、光熱費や食費が不足してしまっていて、それがいますぐにでも補助を得ないと厳しい(電気が止まったり食事が取れない)といった緊急的措置としてのバイトということも別の面として有るようです。

ekワゴン、8万円

売った、というよりも下取りしたの方が正しいのかも・・・

 

大学を卒業して就職が決まった後、初めて買った新車でした。免許自体は大学に入ってすぐに取っていたので最初は不安だった事を今でも覚えています。
就職して早9年、度重なるメンテナンスや車検の事を考え、新しく車を買い替える事を決断。

 

さすがに人生初の車だったのでいろんな思い出がよみがえってきました。車を購入したディーラーさんの所で交渉しましたが、買い替えを決めて以来メンテナンスをほとんどしなかったこともあり、雀の涙ほどにしかならないとの事。

 

詳細はこちらへ

 

さらにディーラーさんに言われた決定的な言葉が「ここまで走っている車、そうそうないですよ」。そうです。実は新車で購入したにもかかわらず走行距離が300000kmオーバーしていたのです。原因は会社との通勤距離が60km以上あるため、毎日の積み重ねが蓄積したのです。さらに、趣味がドライブなので、休みの度に何百kmと走らせ、年に数回は旅行をするので、どんどん走行距離が増えていったのです。

 

それでも父親の代からお世話になっているディーラーさんなので、大いに融通を聞いてもらい、この金額までいく事ができました。ありがとう!ディーラーさん!
もちろん買い替えの為、また同じディーラーさんの所で新しい車を購入しましたが、やはり乗り慣れたものがいいということで購入したのはまたもやekワゴン。若干乗り心地は違うものの、すぐに慣れる事ができました。転勤もあり通勤距離が少し減ったもののやはり休みにはドライブ&旅行は変わらず。新しい車もしっかり乗り潰します!!

 

もし車の処分方法を考えた時に、廃車してしまおうと考えた人は少し待ってください。本当に車を捨てることが目的なのか、それとも、今の車が要らないからという理由だけで捨てようとしていないか、再考してみるのがいいです。どうしてかと言うと、車には他にも処分する方法がいくつかあるからです。なかには車売りたい人もいますし、新車のために下取りがいいという方もいます。もしかしたら、知人に譲ったりする人もいるかもしれませんね。

 

ではこういった選択肢を考える時には何を指標にしていけばよいのでしょうか。まず、車がどの程度の価値を持っているのかということは、価格査定などで簡単に調べることができます。そのうえで、破棄する方が効率的で利が大きいのか、それとも売った方が理が大きくなるのかを考えるのがいいです。

 

特に下取りと売る場合では、微妙にその意味が違います。特に売った金額をそのまま受け取ることができるのは売る時だけで、下取りでは、それが新車購入を前提としているという点で違います。もし次の新車を買う予定がなく、利の大きい売るという選択肢を取るのであれば、それが落とし所と考えるのがいいでしょう。